DMM英会話 講師とレッスン内容の選び方

DMM英会話の無料体験レッスンで必要ことはコレ!

DMM英会話の無料体験レッスンに登録が完了すると
次はいよいよレッスン予約!

レッスン予約

 

希望の時間帯で予約が可能な講師から1人を選びます。

予約が可能な講師から1人を選ぶ

 

すると・・・
「レッスン予約確認」の画面に移って
レッスンについて様々な希望を入力するページが出てきます。

 

初めてだと、何を選べばよいか迷いますよね?

 

ここでは「初めての体験レッスン」を想定してオススメをご紹介します。

 

 

希望のレッスンスタイル

 

以下の選択肢からレッスン内容についての希望を選びます。

  • 指定しない
  • フリートーク
  • 講師に任せる
  • オリジナル教材を使用する

 

使用したテキストやレッスン内容を細かく指定

 

初回はズバリ「講師に任せる」がオススメです。

 

私の経験上、「講師に任せる」を選んだとしても、
「何がしたいですか?」「勉強の目的は何ですか?」などと先生から聞かれます。

 

その際に「Speaking」「For Travel」「Business」などとひと言伝えれば
そのスキルアップの為に最適な教材やテーマを選んでくれます。

 

この時、先生によるテーマ選択のセンスも講師レベルを図る1つのポイントになります。

 

逆に「フリートーク」だけだと、講師の教え方が上手いのかイマイチなのか判断が難しいという場合も有りますので、
体験レッスンの場合は特に、「フリートーク」を選ぶことはオススメしません。

 

レッスン前の自己紹介

 

初対面の先生とレッスンが始まるわけです。
どこのオンライン英会話スクールでも自己紹介から始まるのが普通ですが、「自己紹介はパス!」を選択できるのがDMM英会話の良い所でもあります。

 

選択肢は以下の3つ。

  • 指定しない
  • レッスンに入る前にお互いの自己紹介の時間を設けて欲しい
  • 自己紹介なしで、すぐにレッスンに入って欲しい

選択肢3つを選択出来る

 

オススメは「自己紹介なしで、すぐにレッスンに入って欲しい」です。
これから先生とお友達になる訳ではなく、英語を教えてもらうことが目的です。
なので、ハッキリ言ってお互いに年齢や趣味を教え合う必要はありません。時間の無駄です。
(知りたければ講師のプロフィール画面に大体書いてあります。)

 

お気に入りの先生が見つかれば、レッスンを重ねる中で自然と家族構成や趣味についての話題が出てくるものです。
入会するかどうかを決める貴重な無料レッスン中に、わざわざ自己紹介に時間を割く必要はありません。

 

講師が英語を話すスピード

 

これは、先生が生徒のレベルを見て自然に調整するのが基本だと思いますが・・・

  • 指定しない
  • ゆっくりと話してほしい
  • 普通のピードで話してほしい
  • 速く話してほしい

超初心者でとにかく聞き取れるか不安!という方は
「ゆっくりと話してほしい」を選択しておくと先生も気を遣ってくださるので安心
ですね。

 

逆に「早口な英語で聞き取りの強化をしたい!」という場合には
「速く話してほしい」を敢えて選択するのも手です。

 

上記のどちらでもなければ「指定しない」を選択しましょう。
レベルに合わせて早さは調整してくれるはずです。

 

文法や発音が間違っていたとき

 

とにかく一生懸命話しているのに、細かい指摘ばかりされては話の腰が折れるというものですよね。

  • 指定しない
  • 積極的に指定してほしい
  • 会話することを重視したいので、あまり指摘しなくても良い

これはズバリ、レベルに寄ってオススメは異なります。

 

英語を話すこと自体に不安がある人は「会話することを重視したいので、あまり指摘しなくても良い」を選択。
話すことに集中したいですからね。

 

逆にある程度会話力に自身のある方は「積極的に指定してほしい」を選択。
スムーズに話せているようでも「R」と「L」の発音ミスや気付かない文法的ミスを指摘してもらえると自分の弱点に気づくことができます。

 

講師欠席の場合

 

予約していた講師が体調不良などで急遽レッスンに参加できなくなった!
という場合の対応方法を選択します。

  • プラスレッスンチケットを希望する
  • 代替講師を希望する

オススメはズバリ「プラスレッスンチケットを希望する」です。

 

「プラスレッスンチケット」とは

契約プランの予約上限数に関係なく、通常レッスンに追加していつでも好きな時にレッスンが受けられるチケットです。

自分のスケジュールに合わせて、改めて好きな時間で講師を選択してレッスンを受けられるので自由度が高いです。

 

一方「代替講師」の場合は、予約した時間に希望講師とは別の講師がレッスンを提供してくれるものです。
2回しか無い体験レッスンでは特に、講師は厳選したいところ。
急ぎでなければ改めてレッスン予約をし直すほうが納得度は高いと思います。

 

初回レッスンの選択方法は以上です。
これで初回のレッスンは迷わず予約できるのではないでしょうか?

 

回数を重ねるうちに自分に合ったスタイル・選択が分かってくると思いますので
まずは上記のオススメを参考にレッスン予約を行ってみてくださいね。